ポールスターピラティスジャパン・アンバサダー


 

中村格子先生(Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長)

 

 

 この度ポールスターピラティスジャパンは、整形外科医の

中村格子先生をアンバサダーとしてお迎えすることとなりました。

 

”スポーツと医療の架け橋としてより多くの人の健康で美しい人生をサポートする事”を信条としていらっしゃる先生は、

まさにポールスターの理念を表すような存在です。

 

TV、雑誌などのメディアをはじめ各方面でご活躍中の

中村格子先生との今後の活動を、皆様是非お楽しみに! 

 

 

 中村格子先生の出演および掲載情報です。

 

 

メディア出演

 

3月30日(金)午後10:00~午後11:15

【NHK】「大谷翔平 超解剖!スペシャル」

 

4月4日(水)午前8:15~午前9:54

【NHK】 「あさイチ」

テーマ「手軽にゲット!”美尻”」生出演

  

4月6日(金)午後8:00~午後8:45

 【NHK Eテレ】「明日も晴れ!人生レシピ」

テーマ「よみがえれ!ストレッチでしなやかな体」TVR&スタジオ出演

 

4月7日(土)午前8:00

【MBS】「サタデープラス」

 

4月13日(金)午前11:00~午前11:45

【NHK Eテレ】再放送「明日も晴れ!人生レシピ」

 テーマ「よみがえれ!ストレッチでしなやかな体」TVR&スタジオ出演

 

6月22日(金)午後13:00~午後14:55 

【NHK総合】「ごごナマ」

「助けて!きわめびと」(13:00~14:00)コーナー

 

7月6日(金)午後20:00~午後20:45

【NHK Eテレ】「明日も晴れ!人生レシピ」

テーマ「よみがえれ!ストレッチでしなやかな体」前放送後のアンコール

 

7月14日(土)午前9:00~  

 【NHK総合】「助けて!きわめびと」

テーマ『自分の脚に自信がもてる!美脚をつくるエクササイズ』

 

 

雑誌・WEB掲載

 

「家庭画報」5月号(世界文化社)

 テーマ「アンチエージング革命」

P.216 運動「体幹トレーニング」ページ担当

 

「日経ヘルス」6月号(日経BP社)

企画『close up! 羽生結弦「カラダと心~強さの理由」』

羽生結弦選手について、整形外科医・スポーツドクターの立場からその身体能力の強さと素晴らしさを解説

 

WEBメディアマガジン「MYLOHAS」(メディアジーン)

テーマ「中村格子先生に学ぶ、ホントはすごい「ラジオ体操」

カテゴリー「BODY」の中の特集「運動不足。。。わかっているけど続かない。」に掲載。

前編:肩こり&腰痛対策 後編:くびれ復活&ぽっこり解消

 

「MyAge」2018年夏号vol.15(集英社)

特集企画『50歳から作る柔らかい体』

しなやかで動きやすい体を目指し、特に硬くなるといわれる「関節」と「筋肉」に着目して、硬くなる原因と柔らかさを保つストレッチなどを紹介。今回「関節」部分を監修。

 

「週間文春」2018年7月19日号(文藝春秋)

連載『阿川佐和子のこの人に会いたい』

作家、エッセイストの阿川佐和子さんによるインタビューでの対話企画に出演。

多くの方にとって悩みとなっている腰痛について、そのメカニズムや原因、対処法など、阿川さんのテンポの良いインタビューに答えています。

 

WEB 時事メディカル「一流に学ぶ」第4回(時事通信社)

掲載企画/ロングインタビュー『一流に学ぶ』

中村格子の幼少期から学校時代、医師を志した理由や医学部受験、研修医、勤務医時代のエピソード、スポーツドクターの道に進んだきっかけ、オリンピックのチームドクターでの経験から、現在までを語る掲載インタビュー企画。

全12回 毎週木曜日更新。

・第1回:「3回の転校で適応力磨く 天真らんまん、少女時代」
・第2回:「友人の入院をきっかけに横浜市大でスポーツドクター目指す」
・第3回:「手術に明け暮れ、外来で疲弊 予防の大切さに気付き、『原点』に」

・第4回:「『子どもが欲しかった』9年間の結婚生活に終止符」

 

 

 

著書

  

女医が教えるマジカルエクササイズ(すばる舎リンケージ) 

 

女医が教えるマジカル『美脚』エクササイズ(すばる舎リンケージ) 

 

女医が実践する!10秒マジカルダイエット(宝島社) 

 

美ボディ女医の体幹プチトレで即くびれ!(マキノ出版) 

 

Dr.KAKKOのツンツンくびれ体操(講談社)

 

おしりビューティー(東京書籍) 

 

DVD付き 実はスゴイ!大人のラジオ体操(講談社) 

 

DVD付き もっとスゴイ!大人のラジオ体操 決定版(講談社) 

 

DVD付き いきいきシニアの「大人のラジオ体操」(講談社)

 

整形外科が教えるボールで骨盤ストレッチダイエット(日経ヘルス) 

 

伸筋力トレーニング(青春出版) 

 

整形外科医がずっと教えたかった医者いらずの体の整え方(講談社) 

 

10歳若返る!姿勢バイブル(小学館実用シリーズ LADY BIRD) 

 

ドクター格子の食べてもやせる魔法の10秒エクササイズ(宝島社) 

 

40代からはやせてもきれいになれません!(オレンジムック)

 

1日10分熱トレでやせる体になる!(宝島社 TJMOOK大型本)

 

体のコリがすべて消える 究極のストレッチ(日経BP 単行本) 

 

あきらめていた体脂肪がメラメラ燃えてなくなる熱トレ(PHP出版)

 

TBS駆け込みドクター!BOOK VOL.2-腸内環境をよくする7つの秘訣(主婦の友生活シリーズ) 

 

全身の「たるみ」を持ち上げる!関節ストレッチ(宝島社 TJMOOK大型本) 

 

ドクター格子の食べてもやせる魔法の10秒エクササイズ(宝島社 単行本) 

 

筋膜クレンジングテクニック メルとメソッド(医道の日本社 単行本) 

 

 ”熱トレ”で健康的にシェイプアップ!(NHKテキスト まる得マガジン)

 

舞台医学入門(振興医学出版社)

 

38歳からはじめたい リカバリー美容事典(朝日新聞出版)

 

                                                    平成30年6月5日時点

 

 

 

プロフィール・略歴 

  

 

整形外科医師 医学博士・スポーツドクター 

Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長 

横浜市立大学客員教授 

よこはま健康づくり広報大使 

  

 

 

<プロフィール> 

 

「健康であることは美しい」をモットーに整形外科医・スポーツドクターとして各種競技の日本代表選手をはじめとしたトップアスリートを支える傍ら、スポーツと医療の架け橋としてより多くの人の健康で美しい人生をサポートするべく、自身のクリニックのほけ、テレビ・雑誌などのメディアでも多数活動。

現役臨床整形外科医としての25年以上のキャリアとトップアスリートのコンディショニングの経験から独自のエクササイズを提案。特別な道具やテクニックは一切必要なく、体力に自信がない方や痛みのある方、運動が苦手な方でも安心して取り組んでいただけるエクササイズが特長。

また、著書「大人のラジオ体操」はシリーズ累計80万部を超えるロングベストセラーとなっている。

  

 

 

<略歴> 

 

昭和41年9月13日生まれ 

昭和60年   神奈川県立横浜緑が丘高等学校卒業 

平成4年    横浜市立大学医学部卒業 同大学整形外科学教室入局 

平成8年    同大学大学院医学専攻科卒業 

        横浜市大付属病院、厚生連相模原協同病院、横須賀北部共済病院に勤務 

平成13年   自治医科大学整形外科入局 同大学講座助手(助教) 

平成14年   日光市民病院整形外科科長、自治医科大学整形外科非常勤講師を兼任 

平成21年   国立スポーツ科学センター医学研究部研究員 

平成24年10月 国立スポーツ科学センターメディカルセンタースポーツクリニック研究員(組織内名称変更による) 

平成25年4月 横浜市立大学整形外科客員教授を兼任 

平成26年4月 Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長 

平成26年8月 よこはま健康づくり広報大使就任 

現在に至る

 

 

 

<主な資格> 

 

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会認定スポーツドクター 

日本体育協会公認スポーツドクター 

日本障碍者スポーツ協会公認障碍者スポーツドクター 

日本オリンピック協会医学サポート部門員 

日本NSCA協会認定CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) 

MELT Method®公認インストラクター 

初級アスリートヨガ指導員 

2級ラジオ体操指導士

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー

華道草月流4級師範

など

 

 

 

<所属学会>  

 

日本整形外科学会

日本臨床スポーツ医学会

日本整形外科スポーツ医学会

日本抗加齢医学会 

など 

 

 

 

<競技団体と活動> 

 

2002年~2012年日本スケート連盟医事委員 JOC強化スタッフ 

日本代表チームドクターとして、世界選手権、ワールドカップなど多数帯同 

(アメリカ・カナダ・オランダ・ドイツ・ノルウェー・中国など) 

 

2009年~ 日本体操協会医科学委員 

新体操日本代表(フェアリージャパンPOLA)チームドクターとして帯同 

 

2009年~ 日本オリンピック委員会医学サポート部門員 

JOC本部ドクターとして日本代表選手団を数多くサポート、帯同 

 

栃木県体育協会 スポーツ医科学委員 

 

 

 

<主な競技スポーツ歴> 

 

水泳、ハンドボール、トライアスロン、軟式・硬式テニス など