ポールスターピラティス®とは?


 

 

What’s Polestar<ポールスターピラティスについて> PPAホームページより

 

 

 

ポールスターの教育はリハビリテーション医学をベースとしており、世界的に質の高いピラティス指導者とピラティススタジオの成功例を生みだしています。ポールスターの教育プログラムはアメリカ全土、そして世界中28か国で行われています。ポールスターピラティス指導者は医療機関や芸術分野、フィットネス分野など様々な場所で活躍しています。

ポールスターではトレーニング施設としてPolestar Physical Therapy and Pilates Centerを米国フロリダ州マイアミで運営しており、リハビリテーションとピラティスの融合の場として成功的なモデルとなっています。Polestar Pilates Asia Inc.Polestar Education LLC.のライセンシーです。

 

 

 

<ビジョン Vision>

 

“Impact the world through intelligent movement; fostering awareness of self and community”

 

「知的な動きで世界に影響を与える;自身と地域/コミュニティーに対する意識を促す」

 

 

 

<ミッション Mission>

 

動きのプロフェッショナルの教育のため、人生を豊かに、mind, body, spirit and communityの発展を促進する手段としてピラティスを用います。ポールスターでは動きのプロフェッショナルとして必要なツールとスキルを提供することを目指します。

 

 

 

ポールスターピラティスin Asiaについて

 

2001年に設立され、年間を通して香港やシンガポール、台湾、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、中国、そして日本でポールスターピラティスアジアのコースが開催されています。言語やコミュニケーション方法、習慣の違いなど、多様なアジア各国のコース生のニーズに応じて提供できるよう努めています。 

 


ポールスターの歴史

 

Polestar Education1992年、カリフォルニア州サクラメントでPhD, 理学療法士、整形外科認定スペシャリストであるブレント・アンダーソン氏とフェルデンクライス実践者のエリザベス・ラーカムMA氏により設立されました。日々の治療にピラティスを融合させることに興味を持つリハビリテーション分野の専門家たちに継続的な学びを提供するために発足しました。

 

 

 

Polestar Education LLC.1995年、カリフォルニア州サクラメントで公的に組織化されました。アンダーソン氏とラーカム氏はカリフォルニア州サクラメントのAnderson Physical Therapy、カリフォルニア州サンフランシスコのSt. Francis Hospitalでそれぞれ仕事を継続しました。1997年にアンダーソン氏は理学療法とmovement scienceの博士号の学位を取ろうと決意し、マイアミ大学で受理されました。ポールスターは引き続きアンダーソン氏の指揮の下、1998年~2000年にかけて大きな成長を遂げました。

 

 

 

2000年秋、アンダーソン氏とラーカム氏は共同経営を解約し、それぞれの道を進むことにしました。ポールスターはアンダーソン氏のもとで引き続き運営され、拡大していきました。教育カリキュラムは常に主たるエデュケーターたちの委員会により随時見直されています。ポールスターでは国内外で教えている中心的なエデュケーター30名以上います。ポールスターではその教育プログラムを米国内では15スタジオ、そして28か国にわたる9つの国際的なライセンシーに提供しています。

 

 

 

長年に渡り、ポールスターはピラティスメソッドアライアンス(the Pilates Method AlliancePMA)や定評のあるピラティス養成校と、包括的なピラティスの教育の統合を維持するために共に関わり合っています。

 

 

 

ブレント・アンダーソン氏について

PhD, PT, OCS, President and CEO

 

ブレント氏は22年以上もの間、理学療法士と整形外科認定スペシャリストとして働き、舞台芸術家の治療やピラティスを取り込んだリハビリテーションのテクニックに関して第一人者として評価されています。国内外のシンポジウムで幅広く講義を行い、世界中の病院や大学、リハビリテーションや健康分野の会社に提言しています。さらに、フロリダ州マイアミでリハビリテーション分野におけるピラティスの活用のモデルともなるPolestar Physical Therapy and Pilates Centerを運営しています。

 

 

 

ブレント氏は1989年にサンフランシスコのカリフォルニア大学で理学療法の学位を、そして2005年にマイアミ大学で理学療法の博士号を取得しました。博士論文では慢性的な腰背部痛に対するピラティスを用いたリハビリテーションの影響を、感情-心理学的な健康(psycho-emotional wellnessとクオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life; QOL)の側面から調査ました。現在、マイアミ大学の理学療法学科で補助教員をしています。

 

 

 

リハビリテーション分野や運動科学など、自身の幅広いバックグラウンドから、ブレント氏はジョセフ・ピラティス氏の画期的なmind-body workに臨床推論スキルと科学的な研究結果を取り入れました。また彼はカリキュラムに心理学と、運動制御と運動学習のエネルギーシステムの研究を取り込みました。